FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルサーバで PHP のセッション情報が消える?

レンタルサーバで PHP のセッション情報が消える?

とあるレンタルサーバで PHP を動かそうとしたのですが、
session は有効のはずなのに、ページ遷移すると session 情報が消えている。

解決法として、セキュリティ上決してお勧めできないのですが、
hoge/public_html/
などの下に tmp などの名前のフォルダを作成。
session_save_path を session_start() の前に記述。

session_save_path(realpath('.' ) . '/tmp');
session_start();

こんな感じ。
同様の現象が出て、テスト用に使われてるなどの場合は試して下さい。
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

Google Plus API php サンプルを触ってみる

Google+ の API が公開されたので触ってみました。

まずはライブラリをダウンロード。

http://developers.google.com/+/downloads

google-api-php-client


google-plus-php-starter (Web App)

をダウンロードします。

google-plus-php-starter のルートフォルダへ

google-api-php-client のフォルダを
をコピーします

google-api-php-client の index.php を編集します。

と、その前に Google Plus API を使えるようにしておきます。

https://code.google.com/apis/console/?api=plus#project:270755491411:services

にアクセスして、

Google+ API

を ON にします。

登録すると API Access メニューから API Key などが表示されるようになると思います。

この値を index.php に記載します。

26行目からの

// $client->setClientId('insert_your_oauth2_client_id');
// $client->setClientSecret('insert_your_oauth2_client_secret');
// $client->setRedirectUri('insert_your_oauth2_redirect_uri');
// $client->setDeveloperKey('insert_your_developer_key');

のコメントを外し、上記サイトの

Client ID
Client secret
Redirect URIs
Simple API Access の API key

の値をそれぞれ置き換えます
Redirect URIs にはこの index.php のURLをを指定しておきます。
http://example.com/index.php みたいに。

php.ini の
extension=php_curl.dll
はコメントを外しておいて下さい。

これでOKのはずなのですが、うちの環境では HTTP 60 のエラーが。


そこで google-api-php-client/src/io/apiCurlIO.php を以下のように編集

curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
に修正。

curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, 2);
を追加。


これで無事プロフィールの取得ができました。

API はまだまだ大したことはできないので今後に期待ですね。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

MZK-MF300N Multi Pocket のリセット

MZK-MF300N Multi Pocket が繋がらなくなってたので初期化することに。

本体裏にリセットボタンがあるのですけど、
本体付属の説明書には3秒押せと書いてあるので実行。

http://mf.setup にアクセス出来るようにはなったのですが
英語表記でセットアップウィザードが表示されません。
コンバートモードなのにルータモードのメニューが出ています。

色々調べていると、HPにリセットボタンは20秒押せと書いてある。
早速リセットボタンを20秒強押してから設定画面にアクセスすると
やっと日本語表記に・・・。
セットアップウィザードも表示されていたので、
あとは説明書通りに SSID を検索して無線LANを接続できました。

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

Window2008 R2 をデスクトップ(Windows7的)として使う手順メモ

Window2008 R2 をデスクトップとして使う手順メモ

・デスクトップエクスペリエンスを追加
 [サーバーマネージャー]を起動して[機能] -> [機能の追加]
   -> [デスクトップエクスペリエンス]を選択。
 必要な機能を追加インストールを実行。
 再起動。

 次に[構成] -> [サービス]を開く。Themes サービスを自動起動にする。
 また、今回は手動で起動させておく。
 (Aero Glass用設定)

・音声の設定
 上記サービス画面から Windows Audio サービスを起動し、自動実行に設定。

・IEの設定
 [サーバーマネージャー]右側に[IE ESC の構成]をクリック。[Users グループ]の設定を[オフ]。

・パスワードの複雑さを無効に
 [ファイル名を指定して実行] -> 「secpol.msc」 -> 「アカウントポリシー」
 パスワードのポリシーで設定を行う。0文字を許可すればパスなしでログインできる。

・ユーザーの追加と削除
 [サーバーマネージャー] -> [構成] -> [ローカルユーザーとグループ」よりユーザの追加。
 基本このユーザで操作する。

・Usersでシャットダウンを可能にする
 スタートメニューから[ファイル名を指定して実行]を起動して[secpol.msc]と入力。
 [ローカルセキュリティーポリシー]の構成エディタで[セキュリティの設定]
  -> [ローカルポリシー] -> [ユーザー権限の割り当て]をクリック。
 それぞれ以下の項目を変更する。
 [システムのシャットダウン] -> [ユーザーまたはグループの追加]をクリック。
 [オブジェクトの種類]をクリックして[グループ]にチェック。
 [オブジェクト名の入力ボックス]に「Users」と入力。

・ログオン簡略化
 [ファイル名を指定して実行] -> 「secpol.msc」と入力 -> [ローカルポリシー] ->
  [セキュリティオプション] -> [対話型ログオン:Ctrl+Alt+Delを必要としない] →「有効]

・シャットダウン簡略
 [ファイル名を指定して実行] -> 「gpedit.msc」と入力 -> 「コンピュータの構成」
   →「管理用テンプレート」 -> [システム] ->
 [シャットダウンイベントの追跡ツールを表示する] →「無効」

・ハードディスク設定
 コントロールパネルの[デバイスとプリンター]からPC本体を選択 ->
  ハードディスクのプロパティからポリシータブを選択 ->
  [デバイスでWindowsによる書き込みキャッシュバッファーのフラッシュをオフにする]
  にチェック。
 ※ただし、停電対策としては良くない。

・Windows Aeroを有効にする
 Aeroを有効化したいユーザでログイン。
 デスクトップ上で右クリック →[個人設定]からAeroを有効。

・aeroの設定
 対象のユーザでログイン。[スタートメニュー] -> [コンピュータ]の上で右クリック。
 [プロパティ]から[システムの詳細設定] -> [詳細設定]タブ -> [パフォーマンス] ->
 [設定の変更] -> [パフォーマンスを優先にする]を適用してから「デザインを優先する]
 を選択。
 ※途中Admin権限を求められるのでパスワードを入力する必要あり。

・プログラムの優先順位
 コントロールパネルからシステムを選択。
 詳細設定タブのプロセッサのスケジュールでプログラムを選択。

※ちなみにドライバ関係は windows7 64bit のものが大体動くようです。
 保証は出来かねますが。

とりあえずは、以上。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。