FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ieServer.Net DDNS 更新を iMac で行う

ieServer.Net DDNS 更新を iMac で行うメモ

iMac 起動時に IPアドレスをチェックして ieServer のダイナミックDNSに
設定しようと思います。

ここでは ieServer.Net 専用のツールをお借りして利用します。
http://ieserver.net/tools.html
UNIX(perl)版クライアント
IPアドレス更新サンプルスクリプト(ieServer.Net 専用)
をダウンロードしておいて下さい。
場所はユーザHoge(自分)のホームディレクトリ直下に置いている想定で
進めます。
ddns-update.pl
というファイルを編集します。
33行からのアカウント、ドメイン、パスワードを設定します。(hogehoge.dip.jp)
$ACCOUNT = "hogehoge";
$DOMAIN = "dip.jp";
$PASSWORD = "hogepass";

iMacはデフォルトでPerlは入っていますがwgetが入っていません。
そこで代替のcurlコマンドを使います。
45行
$NEW_IP = `curl -s $REMOTE_ADDR_CHK`;
49行
$STATUS = `curl -s '$DDNS_UPDATE?username=$ACCOUNT&domain=$DOMAIN&password=$PASSWORD&updatehost=1'`;

curl のオプションに注意して下さい。
-s に変更されているのと -O が不要、URLの前の - が不要です。

次に実行ファイルを作ります。
アプリケーションからAutomaterを起動します。
カスタム設定で、真ん中のペインから
「シェルスクリプトの実行」を選択します。
シェルスクリプトの編集画面が出るので
cd /Users/Hoge/
perl ddns-update.pl
と書き込みます。
command+sでセーブ。
ファイル名は任意ですがddns-updateとでもしてアプリケーションとして
保存します。
保存先は同じホームディレクトリでも良いでしょう。

次に起動時に実行するよう指定します。
左上のリンゴアイコンから
システム環境設定→システム(ユーザ)/アカウント
→アカウントの選択(自分)→ログイン項目
+を押して先程作成した ddns-update アプリケーションを設定。
実行を「隠す」チェックをしておきます。

再起動して動作確認します。
ホームディレクトリに ip_update01.log が作成されて、正しい内容
であることを確認します。
current_ip ファイルが作成されて、現在のIPアドレスが書き込まれて
いることを確認します。

これで終了です。

スポンサーサイト

PHPとXMLでHTML更新の運用

PHPとXMLでHTML更新の運用

PHPを使いつつDBを使うまでもない、
ちょっとした情報更新だけ行うのに
XMLをDB代わりに利用して
メンテはXMLエディタで利用するという運用メモ。

ここでは更新情報をXMLエディタで追加して
その内容をニュースとしてHTMLに表示するようにします。

まずXMLを作ります。
とりあえず日付とコメントを要素にします。

[news.xml]

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<contents>
<news>
<date>2014/03/12</date>
<comment>hogehoge</comment>
</news>
</contents>

エディタは
XMLEDITOR.NET
http://www.xmleditor.jp/
を使用します。
運用としてはエディタから直接XMLファイルを開き、
表タブから行を追加していけばOKです。

PHPはsimpleXMLを利用します。
XMLの更新情報は下の行が最新になりますので、降順で表示させます。

<?php
// ファイル読み込み
if (file_exists('news.xml')) {
$movies = simplexml_load_file('news.xml');
} else {
exit('Failed to open XML.');
}
?>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>更新情報</title>
</head>
<body>

<div id="mainContent">

<div id="mainContents">
<?php
$key = 0;
foreach ($movies->movie as $movie) {
$key++;
$content = '<div class="news"><span class="no"> ・</span>' .
'<span class="date">' . $movie->date . ' </span>' .
'<span class="comment">' . $movie->comment . '</span></div>' .
$arrNews[$key] = $content;
}
// キーで降順にソート
krsort($arrNews);

foreach ($arrNews as $key => $val) {
echo $val;
}
?>
</div>
</div>

</body>
</html>

※ブログの仕様上タグ<>は大文字で打っています。




WebMoney 残高盗難

先日、残金が確実にあるプリペイド番号の残高が0になっていました。
番号が抜かれて残高を盗まれて消えたのでしょう。
プリペイド番号は新規で購入したWebMoneyを引き継ぎで追加していく形にしていたので
番号にの誤入力ではありません。
使用するサイトも限定しているのでフィッシング詐欺とかで抜かれたとかでもありません。

WebMoneyの残高がなくなった、といっても
私の場合さした金額でもなくWebMoneyの損害補償はないと知っているのですが、
盗難が起こっている事実の報告と使用履歴を知りたくて
WebMoneyの会社に問い合わせてみました。

サポートからの回答を簡潔にいうと
・プリペイド番号で辿れる使用履歴は教えられない。
・そのためWebMoneyの利用が不正かどうかわからないので調べない。
 (犯人特定ができない、あるいはするつもりがない。)

というものでした。
被害は事実上なかったことになり闇の中へ。

情報開示に関しては警察等公的機関へ訴えて依頼があった場合はできるだけ
対応するとのことでした。
しかしユーザとしてもWebMoneyで買う金額程度でそこまでする人も稀でしょう。
実際警察を通じた場合の結果は行ってないので不明です。
仮に今回はそこまでやってもお金に関しては免責な訳ですし、
使用履歴を見ることが出来たとしても、さほどいいこともありません。
あーやっぱり使われてたわー、くらいなものです。

つまり、総当たりでアタックしてるのか、色々方法はありましょうが、
WebMoney側の対応から考えるに
プリペイド番号で利用してるユーザから
残高を抜いてる悪質なユーザは
野放しのままに抜き放題で、
今後も被害は発生し続ける

可能性が大の状態な訳です。
ユーザから被害報告があっても今回のように会社から調べる気がないわけですからね。
残念なことです。


# ここのくだりは憶測ですが、
# もっというと、どうも他人のプリペイド番号を抜いて使用しても現在の時点では
# 罪にならないとかなんとか。
# (フィッシング詐欺とかは多分詐欺罪が適用されるでしょうけどね。多分・・・。)
# そのあたりがWebMoneyの会社側としてもごにょごにょと歯切れの悪い回答の原因
# "かも"しれませんね。
# 犯人がわかってもどうしようもないのかもしれないです。
#
# ちなみに、プリペイド番号を掘り当てるアタックのツールが出回ったらどうなるんでしょうね。
# さすがに業務妨害罪あたりになるんでしょうか?
# 間違えてるだけですし!とか言い張れたり。
# 抜いた番号使ってセーフなら掘り当てて使われても文句言えなさそうで
# なんだか微妙な気もします。
# 掘り当てるのにどのくらいのコストがかかるのかは分かりませんが。
# ウイルスの可能性とか考え出すと恐ろしい話です。
# 当たり前ですが推奨してるわけでは決してないですよ。可能性・想定の話です。
# 迷惑行為は当然ダメです。許されざる反社会的行為です。


しかし、安全です体を守りたいのか、
調べて対応する姿勢も見せないと被害が拡大してしまい
余計信頼を損ねるのではないかと思ってしまいます。
事実、ちらほらと残高が盗難にあったという声を聞きます。
被害報告があれば、あれだからこれだからと知らぬ存ぜぬではなく、
免責は免責として構いませんが、それとは別に会社として何らか手を打って欲しいものですね。
被害者が少しでも減って、安心して使うためにも。
少なくともサポートの返答としては
「これこれで情報開示は行えず、また免責により返金は出来かねますが、
ご報告の情報を元に調査を行いサービスと信頼性の向上に努めます。」
みたいなことくらいは言って欲しかったです。

WebMoneyの利用の選択は十分注意して、
もし利用する場合でもファミマなどでぴったりの金額で買う等の対応は必要かと思います。

まだレアケースかも知れませんが、ご注意を。

(これらの内容はWebMoneyサポート様とのやりとりに基づくものです。
また、上記したように対策がされないための警鐘を鳴らす旨はWebMoneyサポート様へ伝えております。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。