FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buffalo NAS LinkStation LS-VL (LS-2.0TL) HDD 交換

Buffalo の NAS LinkStation LS-VL(LS-2.0TL)のHDDが壊れたので
ついでに3TBに増設しようとしたときの備忘録。

なぜ書いたかというと、あちこちのLinkStationのHDD交換記事の通りにやっても
なかなか上手くいかず、色んなサイトのやり方をあれこれ繋ぎ合わせて成功したので
メモしておきます。

ファイアーウォール関係は切っておきます。
前準備としてファームウェアをダウンロードしておきます。
http://buffalo.jp/download/driver/hd/ls_fw.html
LinkStationシリーズ ファームウェア アップデーター(Windows) Ver.1.68
(2013年11月19日掲載)
を使いましたが、その時の最新で良いと思います。

色々失敗が無いようにここでは全部同じ作業フォルダでやります。
仮にC:\BUFFとします。
ダウンロードして解凍。C:\BUFF以下に置きます。
フォルダができるので中身の
initrd.imgをコピーして拡張子をzipにして中身の
initrd.buffaloを取り出します。
暗号は「LinkStation HDD交換」とかでググれば出てきます。

uImage.imgをコピーして拡張子をzipにして中身の
uImage-lsp.5.x.buffaloを取り出してuImage.buffaloにリネーム。
それぞれのinitrd.img、uImage.img、は取っておきます。
ファームウェアアップデート時に必要です。

LSUpdater.iniを編集して以下のように値を変更。

[Flags]
VersionCheck = 0
NoFormatting = 0

TFTP Boot Recovery exeを落として一旦展開しておきます。
(よく記事に書かれているTFPDのフリーソフトじゃこちらの環境では
だめでした・・・。)
!ただし、initrd.img、uImage.imgは同梱されているものでなく
上記新しいファームウェアのものを使いましょう。解凍したTFTP Boot Recoveryのフォルダの
initrd.img
uImage.img
ファイルを上書きしてください!

他のファイルはC:\BUFFに入れましょう。

新しい3TBのHDDをLinkStationに換装します。
分解方法は上記ググったサイトにあると思います。
多少爪を折っても嵌ります。
ただ、ファンクションボタンが壊れやすいです。
壊れたらファンクションボタンで押されてる基盤のスイッチをペンチなどで
取っ払いましょう。慎重にね。
ハンダの塊が出るのでピンセットなどで触って上げるとショートして動いて
くれます。
HDDはパーティションを切ってない状態である必要があるようです。
WindowsのツールかKNOPPIXのfdiskなどでパーティションを削除しましょう。
# KNOPPIXはデータを救いたいときにも役立ちます。
# KNOPPIXでfdiskする場合は、
# dmesg
# でデバイスを調べ、(ここでは/dev/sdeとします。)
# sudo /dev/sde
# mでコマンド一蘭
# パーティションを作るときは
# nでパーティション作成→p→1→w
# ですが削除するときは
# dで消したいパーティション番号を入力
# パーティションが無くなるまで実行します。
# ちなみにxfsでフォーマットする場合は、
# sudo mksf.xfs /dev/sde1
# みたいにします。

次にPC側のIPアドレスを
192.168.11.1
255.255.255.0
に設定します。

次にクロスLANケーブルで LinkStation と直接接続します。
(ルータ経由だとなぜか失敗しました。)

TFTP Boot RecoveryのTFTP Boot.exeを実行します。
ウィンドウが開いて待機状態になります。
これは作業終了までそのままでいいです。

次にLinkStationの電源を入れます。
AUTOではなくONなので注意。
起動すると青点滅→赤6回点滅になると思います。
ファンクションボタンを押します。
青点滅になります。(ファンクションボタンが押せないときは基盤が
うまく嵌ってないか壊れた場合があります。)
FTPブートするはずなのでTFTP Boot.exeのウィンドウに反応があります。
1分ほどで青点灯しっぱなしになります。

NASナビゲータで見るとemモードで立ち上がってると思います。
見なくてもいいです。
ファームウェアアップデートを行います。
一旦見つかりますが、アップデートしようとするとネットワークが違うと言われると思います。
e.g.
169.254.102.48
255.255.0.0
値は変わるかもしれませんが、LSUpdater.exeを起動して見つかった
LinkStationとPCのネットワークのプロパティから変更して
PCも同じネットワークにしてください。
192ではなく169ではじまることと、255.255.0.0であることに注意して下さい。
上記例ならPCを
169.254.102.1
255.255.0.0
などにします。
準備できたらファームウェアの更新を行います。
HDDのフォーマットを促されるのでフォーマットします。

再起動の応答がありませんと言われるがいいえを選択して構いません。

LinkStationの電源を入れ直します。

また赤いランプが付くかと思いますがファンクションボタンを押します。
青の点滅の後橙色の点滅に変わり再起動されて青点滅から青の点灯に
変わるはずです。
これで正常に作業が完了しているはずです。

ちなみにLSUpdater.exeはLinkStationのIPが変わる度に立ち上げ直さないと
再検索ではうまく動作してくれないようでした。
LSUpdater.exeを立ち上げ直してLinkStationのIP確認。PCのネットワークを合わせて作業、
という風にすすめるとトラブルが起きにくいと思います。

NASナビゲータIPが更新できないかもしれないので
LinkStationと同じネットワークにした状態でWeb管理画面に
アクセスしてネットワークの項目からIPアドレスを設定しましょう。

Web管理画面でディスク情報に誤りがなければ完了です。

※2016.12.08追記
4TBHDDにも換装できましたので報告しておきます。ファームウェアはVer.1.71を使いました。
ただし自己責任でお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらを参考にしたらどうですか

「HDD交換記事の通りにやってもなかなか上手くいかず」
とのことですが、こちらを参考にしたらどうですか?
http://www.wb.commufa.jp/infiniti/
うまくいかなかった原因がわかると思いますよ。
私もそのサイトを参考にHDD交換を行いましたが、
効率よくHDD交換ができました。
また、他のサイトでは説明していないフラッシュROM
についても書かれています。
見てみる価値はあると思います。

Re: こちらを参考にしたらどうですか

med462様
情報ありがとうございます。

No title

うちの LS-2.0TL も壊れたのですが、こちらの記事の通り実施して復旧できました。
分解の際にファンクションボタンはやはり壊れてしまいました。かなり注意を払っていたのですが。
ケースの半透明のファンクションボタンがどういう構造で基盤のスイッチを押す構造になっていたのか、基盤を見ていても分からず、けっきょくスイッチを取り払い基盤をショートしてスイッチ代わりにすることになってしまいました。

復旧したLinkStatiomはしばらく使えそうですし、容量不足した時にはまた同じようにディスク換装して使おうかと思っています。 非常に有用な記事ありがとうございます。

Re: No title

ファンクションボタンは壊れやすいですよね……。
ケースの爪もほとんど折れてしまったのでテープでくっつけています。
手順が簡単とは言いがたいですがHDD換装する手段があるのはありがたいですね。
少しでもお役に立てたならば幸いです。

助かりました

大変参考になりました。
ありがとうございました。

Re: 助かりました

テキストばかりでわかりにくく申し訳ないですがお役に立てたならよかったです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。