fc2ブログ

Windows11で古いアプリを入れたらOSが立ち上がらなくなった

Windows11のアプデでコア分離のメモリ整合性がないドライバは読み込まれなくなりました。

そのため、古いアプリなどをインストールすると
「このデバイスにドライバーを読み込めません」
のエラーが出たりする。

メモリ整合性がないドライバ(〇〇.sys)がシステムドライブの\windows\system32\drivers\に
あると、場合のよってはOS起動時に停止してしまうことがあるようだ。
確か、Adobe CS6 や WinDVD などに入ってる
PxHlpa64.sysもそれにあたるかもしれない。

起動しない状態になってしまったら起動オプションからセーフモードで立ち上げて
レジストリを書き換えるか、回復オプションで復元ポイントに戻すかシステム修復を試みるかになる。

回避方法は
・該当ソフトやドライバのアップデートがあれば適用する。
・コア分離をオフにして運用する。
・(動作に問題なければ)該当の.sysファイルの拡張子を変えるなり削除するなりで読み込ませなくする。
などになると思う。

コア分離をオフにしても特に挙動に問題がでなければいいが、Windowsが推奨するメモリ整合性を無視するので
そのリスクは残る。
ちなみに、コア分離のオフは
設定→プライバシーとセキュリティ→Windowsセキュリティ→デバイスセキュリティ
→コア分離メモリ整合性のオフ
となる。
Windowsセキュリティが起動しない場合は壊れているので、設定のアプリ→インストールされているアプリから
Windowsセキュリティの詳細→修復・リセットを行う。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR